からだ音を始めるまでのこと。 

ご訪問 頂きましてありがとうございます。


からだ音 オープンから7年たった 今!

ようやく ブログをはじめれた私・・・。

なので いまさらですが 

オープンまでの 思いを・・・。

       + + + + +


子供のころから 肩もみが得意でした

母の「うまいわぁ」に・・・真剣に応えてました。

今 思えばおだてられてた感はありますが(笑)



私自身が アロマトリートメントを初めてうけたのは 30歳の時でした。

その頃は まだまだ アロマトリートメントの認知度も 

今ほどにないころでサロンの数も とても少ないときでした。


将来の仕事について すごく考えている時期だったので・・

勉強してみたいという気持ちと

仕事となるのかなぁという思いで悩んでいました

でもその時 頂いたローズウォーターの香りに 

なぜかすごく前向きになれて

とても勇気がでたのは 覚えています。

とりあえず  やってみようで 始めたアロマの勉強でした。

もともと・・・あまり深く悩むのが続かない・・O型の私。 まぁ、なんとかなるよねって感じでした

アロマの勉強を始めた後に そのローズに 

自分を肯定してくれるという作用を

知ったときはとても驚いたし  深く納得できました。



アロマの勉強を始めて2年たったころ  

ようやく リラクゼーションサロンが増えてきて・・・

お客様の多いところで たくさんの経験をと思っていたので

百貨店に新しくオープンするサロンの面接を受けました。

神頼みもして挑んだ この面接! だから採用は本当に嬉しかった


そこでの経験とたくさんの出会いは 今もわたしの財産です。

毎月の出張や目標予算に追われる毎日は

大変だけど やりがいもあって・・

楽しい毎日でした。



充実したサロン勤務が4年目に入った頃 

母の状態に あれっ と思うことが続いてました。

嫌な予感を抱えて 受診させた病院で 

先生から聞かされたのは 予想通り。

アルツハイマー病

今はとても穏やかだけど

確実に進んではいくのだろうと思うと

サラリーマンを続けていくことの限界を感じ

退職を決めました。



ですが・・・・・。

百貨店の催事で 来ていた占い師のかたに

「あなた 今の仕事天職やね」って言っていただいたし・・

何より自分自身そう信じていたから

どんな状況になっても この仕事を続けたいと思っていました。

そんな時に いろいろな縁が重なって

2008年 からだ音がスタートしました。



サラリーマン時代 20分の短いコースを受けていただいたお客様が

高額のチッケトを購入していただいた時

ほかのスタッフに 「どうしてですか?」って驚かれて

「お母さんだと思って・・したからかなぁ」って答えてました。

それが  正しいことなのか どうかはわかりません。

いろいろな 考え方があると思います。

でも 気持ちは 今も同じです。

母をする時のような気持ちでいます。

プロとして きちんとした対応の その先に 心を込めて・・・

トリートメントしたいとそう 思っています。




アロマを勉強して その植物のもつ 大きな力に

助けられているなぁと 思うことがあります。

植物って すごいなぁと・・・

ですが、 私たちに本来備わっている

自然治癒力を引き起こすのは

やはり自分自身でしかないのだとも

思っています。

なので 植物の力を借りながら 

本来 持っている治癒力を  

できるだけ 維持できるように

その きっかけの 一つに からだ音での 

アロマトリートメントがお役にたてればと

思っています。



誰でも 気軽に 気楽に  

アロマトリートメントを受けれる 

サロンを作りたいというのが

オープンしてからの変わらない思いです。


ぜひ お気軽にご来店 ください。

ご縁があって お会いできるのを 楽しみにしています



          庭に咲いた ゼラニウムの花

DSC_0177_convert_20150430172114.jpg



ホルモンバランスを調整して 

心と体の両面に作用すると いわれています。

更年期の不調にも 役立ってくれる 精油です。

私も ただいま 絶賛使用中です

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アロマな毎日
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: