美のおやつ・・・ドライライチ


台湾産ドライライチ
お店での販売を考えて・・・
試食を兼ねて取り寄せてみました(*^_^*)


漢方茶の勉強を初めてから
始めて食べたなつめやクコの実に
続いてのドライライチです


楊貴妃が好んで食べたと言われる まさに「美のおやつ」
身体を潤す作用や血を補う作用・気を巡らす作用など
今の私にも・・必要なものばかり(*゚ェ゚*)


少しづつではありますが
朝晩の風に秋の気配がうっすらと感じれる近頃
身体を潤わせてくれるものは大歓迎です


ぎゅうっーと甘さが凝縮されたドライライチ
しばらくはトリートメント後のお茶受けに
お出ししますので・・・お楽しみにしてくださいね

IMG_1253_convert_20160829091712.jpg




* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *




週末は雲も多くて過ごしやすかったので
久しぶりにゆっくり散歩行けました


IMG_1263_convert_20160829091740.jpg




帰り道  夏が終わりそうなので
慌てて食べに行きました


IMG_1265_convert_20160829091814.jpg
甘味茶屋の宇治ミルク金時



さすがに昨日は食べ終わると・・さむっ(°_°)
でもやっぱり美味しかったです


今年・・もう一回くらい  食べれるかなっ











スポンサーサイト

木々が芽吹くとき


久しぶりに暖房いらずの暖かい朝でしたね

今日は二十四節気の 啓蟄
木々が芽吹く時期です


この時期は・・・・・

朝の散歩や森林浴などで 春の陽気を身体に取り入れ
冬に溜まった”陰”のエネルギーを追い出すには
”陽”を補う食材を積極的に取りましょう。

っと言うのが春のおすすめの 養生 とのこと。





漢方の勉強を始めたら 養生 という言葉をよく聞きます
何となくはわかるけど 改めてきかれると
何っ?って感じでした(・・?


養生とは生命を養う事
「養」 の部首は 「食」 になるので  「養」 は 食事をすすめる
の意味をもちそこから 「やしなう」 という意味がうまれたそうです


「食養生」について たくさん本に書かれているのも
食べることが身体を養うことにつながる一番手軽で
効果のある方法だからこそなんですね

  

     * * * * * * * * * * *
  


そういえば・・・母の介護をしていて一番強く感じたことが
「食べることは生きること」 でした。


海の近くで生まれ育った母が大好きなものは
認知症になっても変わらず魚料理でした


サバの味噌煮を めちゃくちゃ美味しそうに
食べてた母の顔・・・よく覚えてます


母が好物をまえにしても食べることそのものを
喜ぼうとしなくなった時いろんな事を深く考えました


結局・・人生って食べることが一番大事なんじゃないかと
他のことは何にもできなくたっていいから ただ ただ笑って
食べてほしいって思ったものです






話がそれましたが・・・。




食養生の基本は
・気候風土に合ったその土地でとれる食べ物を食べる
・季節に合った「旬」のものを食べる


ってことだけでなく
・食べ物に対して感謝の気持ちを大切にする
・楽しい雰囲気で食卓を囲むなども。
  これなら・・・すぐできるっ(笑)


結局  特別なことではなくて 昔の人たちが大切にしてきた
暮らしぶりが 食養生そのものなんですよね・・・。


うーんっ。 やっぱり漢方っていいよね・・・ってことで
笑って食事しよう!って思いましたよ



花粉症やインフルエンザなども始まる季節
皆さんもできることからちょっとずつ
養生しながら楽しく「春」を迎えましょうね(*^_^*)



   * * * * * 

DSC_1002_convert_20160305090119.jpg

火売神社

お願いごとがあると・・・来てしまう場所です
朝から気持ち しゃきっとなりました


 

漢方茶の勉強


なかな更新できずに・・・2月も終わりになってきましたが



今日は今年に入って始めたこと。
漢方茶ブレンダーの勉強について・・・。


アロマの仕事をするようになってお客様のお話に
「病院に行くほどではないけれど、辛い時がある」
という言葉をたくさん聞いてきました


そんな数値には表れない不調に対して医療従事者で
ない私にできること を探していた時に出会ったのが
花凛堂さんの漢方茶ブレンダー養成講座でした


漢方茶とは 玄米茶や緑茶をベースにその方の体質に
合わせて数種類の和漢薬草をブレンドしたお茶です
使用する薬草・生薬は全て食品扱いのものなので
私にもブレンドすることが可能です。


ですが・・・もちろんブレンドするためには
生薬・薬草の知識だけでなく
中医学の考え方なども必要になります。


もともと 漢方の養生という考え方には納得するものが
多かったですし 鍼灸師だった叔父の影響で子供の頃から
鍼治療などもわりと身近なものでした。


これはもうすぐにでもやりたいっ!!
そう思って始めた勉強です


漢方っていう言葉からなんとなく飲みにくそう・・
というイメージがありますが  私も・・そうでした

この玄米茶や緑茶をベースにブレンドした漢方茶は
本当に飲みやすいっ


だから お客様に知ってもらいたいし
ぜひ飲んでいただきたいっていう熱い思いでいます



精油と漢方の良さとを合わせてお客様の体質や季節の不調に
役立つ 養生 をお伝えできたらと思っています



  
DSC_0965_convert_20160228202057.jpg


早く お客様にそれぞれの”漢方茶”お勧めできるよう
頑張りますのでお楽しみにしていてくださいね




   +  +  +  +  +  +  + 




でも・・・中医学の考え方って面白いけど難しい
私のしている勉強はほんの入り口のところなんだろうけど
心折れそうになったりすることがあるので


弱い心にまけないように お知らせさせてもらいました
頑張れ・・・ワタシ











カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アロマな毎日
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: